読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

非正規社員や子育て専業主婦に超お薦めブログアフィリで副収入

雇用の不安定な非正規社員や子育て真っ最中で忙しい専業主婦が、毎日のスキマ時間を利用して副収入を稼ぐために取り組んで欲しいのは、初心でも取り組めて、初期投資費用は不要、ほとんどリスクがなく、仕組みをつくり継続すれば不労所得資産につながる【ブログアフィリエイト】です

パソコン初心者非正規社員が始めたアフィリエイトブログの目的

はじめに

はじめまして、当サイトを訪問していただいてありがとうございます。


自己紹介もかねて、まずパソコン初心者で非正規社員の私が

何故アフィリエイトを始めることになったのか?

そして、このブログを作った理由をお話します。

 

  f:id:syosakoi:20160426015711j:plain

 ★脳内出血を発症しました★

私は、現在建設関係の会社に非正規社員として勤務している56歳のサラリーマンです。

10年前の46歳のとき、右視床脳内出血を発症して左半身麻痺となりました。

5か月の入院とリハビリで幸い職場復帰ことができましたが

後遺症のため4級身体障害者となってしまいました。

 

★職場復帰から単身赴任まで★

職場復帰後、以前とは全く違った会社の評価に我慢することができずに

無謀にも会社を辞めてしまいました。

今までの経験や資格を生かせば、生活していくくらいは何とかなるだろうと思い

自営業を始めましたが、無理ができず6年で廃業となってしまいました。

 

借金だけが残り、生きていくために再びサラリーマンに戻る決意をしました。

 

いろいろ資格を持っていたので甘く考えていましたが、

高齢であることやや身体障害のハンデイがあるので、ハローワークに行っても

なかなか採用してくれる会社はありませんでした。

 

幸いにも非正規社員ですが、やっと雇用して下さる会社がみつかりました。

県外の企業だったので生まれて初めての単身赴任生活がはじまりました。

 

f:id:syosakoi:20160601215008j:plain

★PC初心者非正規社員アフィリエイトを始めた理由★

1、事業が失敗し借金を返済する必要がありました。
2、新たに就職しましたが、昇給やボーナスのない非正規社員でした。
3、単身赴任のため何かとお金が必要になりますが余裕はありません。
4、何か希望がないと、これから先の人生を生きていく張り合いがありません。
5、家族に対して何かできることの資金が必要でした。

 

赴任当初は早く帰宅することができ、一人暮らしなので時間もあり

自宅のパソコンでよくネットサーフィンをしていました。

 

パソコンさえあれば【アフィリエイトで稼げる】多くの方法が紹介されていました。

「ほったらかしで月30万円」とか「だれでも稼げる」などと耳触りのよい言葉が

たくさん並んでいました。

 

もちろん、アフィリエイトで成功して生活できるようになれば、

勤務時間や人間関係にわずらわされることもなく理想的なのですが

一朝一夕にそんなに簡単に稼げる方法などはあるはずもありません。

 

借金の返済や単身赴任生活を始めて給料とは別に

少しでも副収入があれがどんなにありがたいことか。

そんな気持ちでアフィリエイトに取り組みはじめたのです。 

f:id:syosakoi:20160601220227j:plain

 

副業でアフィリエイトを始めて約1年経過し、やっと継続して月2万円

稼ぐことができるようになりました。

 

毎月7桁を稼いでいるような方から見れば、月2万円なんて

とても稼いでいるとは言えないかもしれませんが、

仕事以外の時間をネットビジネスに費やして努力した成果なので

素直に喜びたいと思います。

 

★ブログ作成の理由★

集客するためには、「ネットビジネスで簡単に稼ぐ方法」のような

タイトルの方がいいのかもしれません。

先日もトレンドアフェリエイトを推薦しているあるメルマガに登録して、

無料レポートをダウンロードしました。

 

とても分かりやすく面白いレポートでした。

しかし、それは1年以上アフェリエイトに取り組んできた今の私だからです。

1年前のパソコン初心者の私では到底理解できない内容だと感じました。

 

まず、Wordpressでトレンドブログを作る説明から始まるのです。

私が最初に利用したのは、アメーバブログですが

無料ブログでさえ満足に使いこなすことはできました。

他のサイトも概ね同じような状態です。

f:id:syosakoi:20160601223132j:plain

 

パソコン初心者の方でも稼ぐことができるアフィリエイト

解りやすく伝えることができると考えたのが、このブログを作った目的です。